犬は空腹時に白い泡を吐く?原因と危険な症状、病院に行くタイミングについて解説【獣医師監修】

犬は空腹時に白い泡を吐く?原因と危険な症状、病院に行くタイミングについて解説【獣医師監修】

犬が白い泡を吐くところを見かけたことはありませんか? 実は、白い泡を吐く理由は「空腹」が関係しているのだそうです。そこで今回は、犬が白い泡を吐く原因や病気の可能性などについて、獣医師の茂木千恵先生監修のもと解説していきます。

監修/茂木千恵先生(獣医師)

監修/茂木千恵先生(獣医師)
ヤマザキ動物看護大学准教授。博士(獣医学)。専門は獣医動物行動学。大学で教育研究活動の傍ら、動物病院でもしつけや問題行動のカウンセリングを行う。フジテレビ系列「モノシリーのとっておき」、日本テレビ系列「志村どうぶつ園」などに動物行動学コメンテーターとして出演。雑誌「Shi-ba」(辰巳出版)などの記事監修も多数担当している。

監修者の他の記事一覧

犬が白い泡を吐いたけど大丈夫?

吐きたそうな犬

犬が白い泡を吐いた時、体調などに異常があるのでしょうか。白い泡を吐く理由や病気のリスクなどを詳しく見ていきましょう。

 

犬は空腹時に白い泡を吐く

白い泡状の嘔吐物は、唾液が過剰に出て、それを飲みこんだことによって引き起こされることが多いため、吐き気を催している可能性が高いです。これは、ほとんどの場合、空腹時に起こります。また、白い泡に黄色い泡が混ざっていることがありますが、それは胆汁が十二指腸から胃に逆流して胃液と混ざったものでしょう。どちらも深刻度は低いので、飼い主は落ち着いて対処するようにしましょう。

犬が空腹で白い泡を吐いた時の対処法は?

嘔吐直後は、なるべく早くごく少量のふやかしたフードを食べさせ、連続して嘔吐させないようにします。この時のフードは、なるべく油分が少ないものを選びましょう。胃液で食道がダメージ受けて食道炎にならないようにするため、空腹の不快感をなくすため、血糖値の低下を防止するための3つの理由からです。

 

ただし、急に胃に大量の食べ物や水分が入ると、反射的にまた嘔吐してしまうことがあります。嘔吐後の数時間は普段通りの食事を与えたり、水もがぶがぶとは飲ませたりするのはNGです。

 

以下に、空腹で白い泡を吐いた後の基本的な対処法の手順をまとめました。上記の注意点を踏まえつつ、ケアしてあげましょう。

 

【空腹で白い泡を吐いた後の基本的な対処法の手順】

①まずは、嘔吐後にふやかしてペースト状にしたフードを口にほんの少し入れるイメージで試験的に与え、6時間以内に嘔吐の気配がないか経過観察を行います。与えるフードの目安量は、小型犬は小さじ1/2杯(2.5g)、中型犬は小さじ1杯(5g)、大型犬は小さじ2杯(10g)程度です。

 

 

②経過観察の間は絶食が基本ですが、脱水症状にならないようごく少量の水分をこまめに舐めさせます。

 

③ ①でフードを与えてから6時間経っても嘔吐の気配がなければ少量から食事を再開できます。ふやかしたフード、または胃への負担が少なく、人肌程度の温かい食べ物がおすすめです。ささみなどの鶏肉(骨や皮は取り除いたもの)を煮込んだスープなど脂肪分が少なく消化しやすいものにしましょう。

 

④さらに1時間後にも嘔吐が起きなければ、普段与えている1日分のフードの1/4量をふやかして与えます。

 

 

決まったタイミングで白い泡を吐く場合は、食事の回数を増やす

いつも決まったタイミングで白い泡を吐いてしまう場合は、食事の回数を増やし、空腹時間を短縮して胃にかかる負担を軽減してあげましょう。普段、12回の食事を与えているなら、1日にあげる総量は変えずに13回に回数を増やす、夜寝る前にも与えるなどしてみてください。

 

白い泡を1日に複数回吐く場合は専門家に相談する

白い泡を1度だけ吐いた場合は、それほど心配する必要はありません。24時間以内に2回以上嘔吐した場合や断続的な嘔吐が続いた場合は、食事を与えずに獣医師に相談してください。

 

その症状も併発している場合は病院へ連れて行く

犬の嘔吐の他に、動かない、無気力、食欲不振、下痢などの症状もないか観察しましょう。動かないだけなら前述の「空腹で白い泡を吐いた後の基本的な対処法の手順」に従って対処しますが、嘔吐や吐き気、下痢が1時間以上続くようでしたらすぐに病院へ連れて行ってください。

 

 

白い泡を吐く原因は、呼吸器系の障害の可能性も

具合が悪そうな犬

胃(空腹)の問題ではなく、ケンネルコフという伝染性の呼吸器疾患や呼吸器系の障害によって咳きこんだ時に白い泡を吐き出す可能性があります。嘔吐しているように見えるかもしれませんが、実際には呼吸器系からの粘液や体液である可能性があります。咳も出ている場合には注意が必要です。

 

呼吸器系の障害で白い泡を吐いた後の対処法

空腹で嘔吐した時の対処法とは異なり、すぐにフードを与えると嘔吐が連続することがあります。まずは、水分をこまめに少量ずつ与えながら1時間以上嘔吐が起こらないことを確認しましょう。嘔吐がなければ少量のふやかしたフードを与えてください。

 

通常は数日から1週間程度で治癒しますが、中には重症化することもあるので咳が出る場合は必ず獣医師の診察を受けましょう。必要に応じて投薬がなされます。ケンネルコフは周囲の犬に感染する病気です。獣医師の許可が出るまでは見た目が良くなったからといっても他の犬と接触させないようにしてください。また、同居犬がいる場合は隔離し、罹患している犬の唾液や体液が他の犬に触れないようにすることが重要です。

 

犬の嘔吐物ごとの原因と対処法

ぐったりしている犬

犬の嘔吐には、白い泡以外にも何種類かあります。それぞれの嘔吐の原因や対処法をご紹介します。

 

【白や黄色、緑色、茶色の液体を吐いた場合】

犬が吐いた液体の色によって成分や原因が違ってきます。

 

白い液体の嘔吐物の原因

白い液体の嘔吐物の場合は、前述した白い泡状の嘔吐物同様に、胃液や唾液が逆流して起きるもので過度な空腹が原因と考えられます。空腹が原因の嘔吐はそれほど深刻ではなく、元気で食欲があり、様子もいつもと変わらない様子でしょう。この場合は前述した「空腹で白い泡を吐いた後の基本的な対処法の手順」を参考に対処します。

 

※出典:https://www.thesprucepets.com/vomiting-in-dogs-1117844

 

 

黄色や緑色の液体の嘔吐物の原因

嘔吐物が黄色や緑色の場合は、胆汁や胃液といえます。ストレスや空腹が原因で逆流性胃炎(胆汁嘔吐症候群)が起きているのでしょう。ただ、嘔吐直後から元気で食欲があれば、こちらも深刻度は低いです。

 

茶色の液体の嘔吐物の原因

嘔吐物が茶色い液体でそこに固形物が含まれていない場合は、古い血液が胃液に混ざっている可能性があります。胃腸炎や胃潰瘍で胃腸から出血があり、その血液が消化液によって酸化し、茶色くなるのです。吐いたものをビニール袋に入れるなどして動物病院に持参し、獣医師に診察してもらいましょう。

 

対処法

1日に与える食事の総量は変えずに、1日の食事回数を増やしましょう。たとえば、食事スケジュールが1日2回であれば、寝る前に1回増やす。そして、朝も起きてすぐに食べさせるなど、13〜4回程度にし、空腹になる時間を短くするといいでしょう。

 

注意すべき症状

対処法を試しても嘔吐が繰り返される場合、他の原因が潜んでいる場合があります。この時は獣医師の診察を受けましょう。

 

 

【未消化の食べ物を吐いた場合】

フードを吐いてしまう場合の原因や対処法は以下の通りです。

 

原因

消化していない食べ物を吐いた時は、内容をよく確認しましょう。フードの形状はほぼなくフードの匂いがする状態なら消化はある程度進んでいると考えます。逆にフードの形状が残っているようならほとんど消化されていないと考えます。

 

対処法

最後にフードを与えてから嘔吐までの時間や嘔吐物の消化の進み具合によって、胃腸炎の重症度を推定します。時間や消化具合をメモして、獣医師に相談するようにしましょう。また、嘔吐以外に下痢を併発していないか、元気があるかないかなどもチェックしておくとよいです。

 

犬が食べ物を嘔吐した際、通常は数時間食べ物を控えて観察します。612時間の絶食が必要です(ただし、非常に小さな犬や子犬は血糖値が低くなるリスクが高いため、断食せずにごく少量のフードを与えて様子を見ましょう)。脱水症状を起こさないよう、水分は舐める程度に少しずつ飲ませてください。絶食中に不調が認められず、嘔吐が起きなければ、いつもの食事スケジュールに戻します。

 

注意すべき症状

嘔吐が頻繁に繰り返される、無気力、無反応が続く、腹部に膨満感があって、痛みを伴っている様子の時は受診しましょう。目を離した隙に毒物を摂取した可能性がある時も同様です。また、歯茎が青みがかっている、灰色になっている場合はチアノーゼ(血液中に酸素が不足している状態)が起きていて呼吸困難が疑われるのですみやかに獣医師への相談をおすすめします。

 

 

【嘔吐物に血液が混ざる】

嘔吐物が赤かった場合、鮮血が混ざっていると考えられます。

 

原因

鮮血が混ざった嘔吐物の場合は、胃潰瘍など消化器系の疾患、肺や気管支など呼吸器系の疾患、消化管の腫瘍などから出血しているなど病気の可能性があります。一方で、硬い異物、おもちゃなどのとがったものを飲み込んだことで、口や食道に傷がつき、出血していることもあります。

 

対処法

軽度の出血は緊急ではありませんが、出血が続く場合や嘔吐物に血液の固まりがある場合、すぐに受診しましょう。獣医師からの処方なしに市販薬などを服用させてはいけません。嘔吐した後は、6~12時間は食事を控えて観察するのが最善ですが、水は少しずつ飲ませて構いません。2日間ほど犬の食欲がない場合や12日以上、下痢をしている場合も獣医師の診察を受けましょう。絶食した後、嘔吐下痢が起こらなければ、通常の食事スケジュールを再開して大丈夫です。

 

注意すべき症状

嘔吐や下痢が断続的に起こる場合、または半日で2~3回以上起こる場合は、獣医師の診察を受けましょう。特に下痢は、嘔吐の最中または後に発生することがあります。下痢が12日以内に改善し始めない場合も獣医師の診察を受けましょう。

 

嘔吐物に血が混じっている場合は、すぐに電話して状況を説明し、指示をあおいだほうが安心です。

 

 

【特定の食べ物に限定して嘔吐する】

ある特定の食べ物を食べた時に限って嘔吐する場合は、食物によるアレルギーや消化不良が原因かもしれません。

 

原因

犬の食物アレルギーは食べ物に含まれる特定のたんぱく質への過剰な免疫反応が原因となることが多いです。原因としてあげられるのは肉(牛、鶏)、穀類(大豆、トウモロコシ、小麦)、卵、乳製品などです。食物アレルギーの犬は季節に関係なく、皮膚炎や強いかゆみ、慢性的な腸炎や嘔吐の症状があり、足で耳や体を引っ掻いたり、足先を舐めたりかじったりします。腸への刺激によって慢性的な嘔吐や軟便、下痢などが併発する場合も多いのが特徴です。

 

対処法

痒みが強まったり嘔吐が起きたりした際、直前に犬が食べたものを記録しておきましょう。何回か嘔吐があれば共通の食事内容に気づくことができます。診察を受け、血液検査によってアレルゲンを特定することも可能です。食物アレルギーと診断されたら、アレルギーを引き起こすアレルゲンを徹底的に排除した食事へ切り替えましょう。

 

注意すべき症状

嘔吐や下痢が継続することで体力が落ちてしまい、2日間食欲もなかった場合はすぐに獣医師の診察を受けましょう。電解質異常や肝機能障害など重篤な疾患に発展してしまいかねません。

 

 

【おもちゃなど食べ物以外のものを嘔吐する】

おもちゃの部品など、本来犬が食べてはいけないものが嘔吐物に混入している場合も考えられます。

 

原因

嘔吐物に食べ物以外のものが混入していたら誤飲や誤食も考えます。おもちゃの一部や観葉植物、化学薬品、危険な食品などの毒物…など犬が食べてはいけないものは様々です。中毒症状や腸閉塞など、処置が遅れると命を落としてしまうこともあるので、異物が混ざっていたら、すぐに獣医師の診察を受けましょう。

 

対処法

犬が飲みこんだと思われるものをすべて獣医師に伝えましょう。血液検査や尿検査、X線写真(X線)、および超音波検査(エコー)などを行い、原因を明らかにする方法もあります。治療は通常、吐き気止めと胃保護剤を注射からはじめ、重度の脱水、膵炎、またはその他の不調が明らかとなった場合は、入院して点滴治療をすることもあります。

 

嘔吐しやすい犬種や年齢は?

ダルメシアン

どんな犬でも嘔吐することはありますが、小型犬や老犬はより多く見られる傾向があります。具体的に見ていきましょう。

 

嘔吐しやすい犬種

食物過敏症の嘔吐は、以下のような犬種に見られることが多いです。

 

・ボクサー

アメリカン・コッカー・スパニエル

・イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル

・コリー

ダルメシアン

ジャーマン・シェパード・ドッグ

ミニチュア・シュナウザー

ダックスフンド

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア

パグ

 

嘔吐しやすい年齢

年齢や性別にはあまり関係しませんが、1歳未満での発症が比較的多い病気です。季節性もあるため、9月から多発し、2月にピークを迎えることがあります。

 

※出典:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5424887/

 

 

シニア犬はフードの与え方を工夫する

高齢の犬は咀嚼や嚥下がうまくできなくなり、食後に嘔吐することがあります。フードを飲み込みやすい大きさに砕いたり、お湯でふやかして柔らかくしたりなど、飲み込みやすくなるように工夫しましょう。また、寝たきりになっている高齢犬には、飲み込んだものを喉から食道、そしてその先の胃に流せるようフードを与えた後に水分を与えましょう。そして、食後しばらくは、頭を高い位置に保ってあげるとよいです。

 

 

犬が嘔吐している際に病院に連れて行くべき症状は?

犬の嘔吐が空腹以外の原因で起きたものや嘔吐以外の症状も併発しているなら病院に行く必要性もあります。以下のような症状があった場合は動物病院で診てもらいましょう。

 

嘔吐を何度も繰り返す

半日に2回以上吐いてしまう場合は、異物の誤飲や感染症、胃腸炎など空腹以外の原因が考えられます。脱水症状を避けるため、獣医師の診察を受けましょう。

 

元気がなく、ぐったりしている

嘔吐後、元気がなく、ぐったりしている場合は早めに受診しましょう。背中を丸めて動かない、お腹を触ろうとするとうなったり噛みついたりするなど、痛がる様子がある時は膵炎(すいえん)の可能性も。犬の膵炎は重症化すると多臓器不全や全身性ショックを起こす危険な疾患なのですぐに獣医師の診察を受けましょう。

 

吐きたそうなのに吐けずに震えている

吐きたそうなのになかなか嘔吐物が出てこない様子で、しかも体が震えている場合は胃捻転のおそれがあります。胃捻転は大型犬で胸の深い犬種(グレート・デンジャーマン・シェパード・ドッグ、アフガンハウンドなど)が発症しやすい病気です。消化管の炎症や周辺臓器の圧迫などを引き起こし、口の中に白い泡や透明の粘液が見られることが特徴です。このような症状があった場合はすぐに獣医師の診察を受けてください。

 

下痢や血便など併発する

下痢を伴った嘔吐を何度も繰り返す時は、ウイルス性胃腸炎や大腸炎、膵炎などの内臓系の疾患が疑われます。半日に2回以上、嘔吐と下痢が見られたら受診しましょう。

 

嘔吐物の記録を持って動物病院へ行く

受診の際には、吐いた物やその画像を獣医師に見てもらうと、診察の一助となります。直近の食事の時刻と嘔吐が起きた時刻、嘔吐の回数、嘔吐物の臭いなどは必ず診察時に問診されますので記録を持って動物病院を受診しましょう。

犬の空腹時にガムを与えるのはNG!

犬用のガム

ガムは構ってあげられない時の暇つぶしや、次の食事までまだ時間があるのに食べ物を要求した際、紛らわせるために与えることがありますが、空腹時には与えない方がいいでしょう。空腹時に与えてしまうと勢いよく食べようとしてのどに詰まらせてしまう危険性があります。

犬の嘔吐の注意点は?

嘔吐直後に少量のフードを与える際、「吐いたからおやつを貰えた」と犬が学習してしまわないように、隠し持って近づき、さっと口に入れるようにしましょう。

 

緊張や興奮などのストレスが吐き気の原因となる場合もありますので、飼い主が落ち着いて、犬も落ち着けるような状況を作ることが大切です。

この記事に関連するキーワード

犬の過呼吸とは?原因と対処法、予防のポイントなどを解説【獣医師監修】