ジュリア & こんぶ

WanScene_067
WanQolが出会った素敵なオーナーとわんちゃん
@二子玉川

わんちゃん:
Kombu/ミニチュアシュナウザー(1歳)

Kombuを飼い始めたきっかけは?

Kombuの前にもミニチュアシュナウザーを飼っていました。元々また飼いたいとは思っていたんですが、1頭目が亡くなったあと、祖父が認知症になったことをきっかけに、犬がいたらおじいちゃんも癒されるよね、と家族で相談して、本格的に2頭目を飼うことを考え始めたんです。はじめは、次は保護犬がいいかな〜、なんて考えていたのですが、保護犬を迎えるのには、とても条件が厳しかったりハードルが高くって。残念ながら、病気の家族がいることで、我が家ではお迎えを許してもらうことができなかったんです。そこで、ブリーダーさんのところでまたミニチュアシュナウザーを探し始めたら、Kombuがいました。かわいいなあと思いつつも、その時は本当に飼えるのかちゃんと考える時間をもう少し作ることにしました。それからまた1ヶ月後くらいにもう一度見てみたら、まだKombuが残っていたので、運命を感じてお迎えをすることに決めました。

 

Kombuはどんな子?

Kombuは家族が大好きです。逆に、元々家族以外の人にはちょっと唸ってしまうこともありました。今までは人は苦手でも、他の犬には吠えなかったのですが、ここ数日は急に犬にも吠えるようになって、それもびっくりしているところです。Kombuも1歳になって、ちょっとずつ自我が出てきたんですかね。(笑)もうすぐ去勢手術をする予定なのですが、それでまた少し性格が変わったりするのかな、と思っています。犬も歳を重ねるにつれていろんな変化があると聞くので、これからがすごく楽しみです。
実は水が苦手で、川遊びに連れて行っても全く泳がないKombuなのですが、一度だけ私が川に入って行ったら、溺れていると思ったようで思い切って川に飛び込んできて、助けようとしてくれたことがありました。その時は家族みんな本当に驚きましたね。いつの間にかKombuとの間にこんな深い絆ができていたんだって、感動してしまいました。でも、私が溺れているわけではなかったとわかったみたいで、今となっては川に入っても好きにしてという感じで、見て見ぬふりをされています(笑)

Kombuとの暮らしはいかがですか?

私は普段海外で暮らしていて、おやすみの日に日本に帰ってくるのですが、Kombuはいつも喜んで迎えてくれます。私も、Kombuが待っていると思うと、日本に帰るのがいつもすごく待ち遠しいです。Kombuのおかげで家族との笑顔のコミュニケーションも増えて、会えなかった間の家族の時間も、Kombuの存在が一瞬で埋めてくれている感じがありますね。おうちでは朝ゆっくり一緒にご飯を食べたり、大好きなボールで遊んでいます。あと、Kombuはおうちでおトイレができないので、散歩は1日3回。雨でも必ず行くようにしています。Kombuに出会う前までは、雨でわざわざ外に出ることなんてまずなかったので、Kombuのおかげでいい運動習慣ができたねと、母ともよく話しています。今日も朝早くにお弁当を持って母とKombuと公園に小ピクニックに来たところです。この前の冬には一緒に軽井沢に行ったりもしましたよ。Kombuは知らないところに連れて行っても全然動じないので、助かっています。これからも、もっともっといろんなところに連れて行きたいです。
それから最近は、近所にある犬用の馬肉専門店で、生の馬肉を買ってきて、手作りのご飯をあげてたりもしていますよ。なんだか、ドライフードだけの人生って・・栄養は取れるんだろうけど、本当にそれでハッピーなの?って私たちが思っちゃって。でも、かといってあんまり贅沢をさせてたらドライフードのごはんを食べなくなっちゃうと困るからと、朝は少しだけドライフードもあげるようにしているのですが、Kombuの食いつきは馬肉もドライフードも全く一緒です。Kombuはちゃんと馬肉の美味しさわかっているのかなあ・・・と疑問ですが(笑)、そんなところも愛くるしいです。そんな風にして、うちには私の代わりにこの子が息子としていてくれるので、Kombuに家族をよろしく頼んだよ。と安心して、また海外の生活へ戻れますね。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード