Bonapan & PANDA

WanScene_063
WanQolが出会った素敵なオーナーとわんちゃん
@町田・鶴間公園

わんちゃん:
Panda/ボストンテリア(9歳)

Pandaを飼い始めたきっかけは?

出会いは、9年前。主人がたまたま見に行ったペットショップでした。以前にもボストンテリアを飼っていたので、まだ3ヶ月の小さくて可愛いPandaを見つけた瞬間に一目惚れ。迷いなく、この子を飼うことを決めました。決め手は…特になかったんですが、それが逆に決め手だったんでしょうかね(笑)。
顔つきとかで悩むかのかなぁって想定していたけれど、そんな隙もないくらいにしっくりきたんです。

 


Pandaはどんな子?

地蔵系な性格です(笑)。なーんか悟った様子で、何にも動じません。興味のあるものはボールだけ。それ以外には無関心。ボールがないときは「じゃあいいや」って顔をして、静かに寝てますね。
ごはんも好きじゃないんです。お肉にしたら食べてくれるけど、ドックフードはほとんど食べたがらなくて、口に入れてもペッと吐き出します。
名前を呼んでも来たことがありません…(笑)。
でもボール愛は凄まじいです。外でボール遊びをして、帰ってきて足を洗うとまたお家でボールで遊ぶ、この繰り返しです。半年前まで、遊び始めたらもう5時間くらいはずっと夢中になってましたね。取り憑かれているみたいに(笑)。いまはようやく落ち着いて、1時間ほどで飽きるようになりました。
ボールのことになるとこだわりも強いんですよ。ラテックスのボールが大好き。それも、毎日違うものでないとダメ。前に遊んだボールには見向きもしなくなってしまうんです。なので、1日ごとにボールを変えています。1年間のボール消費量365個…コロナの影響で、Pandaのボールが手に入らなくなってしまったのが最近1番の悩みです(笑)。
犬同士では、大型犬が好きです。普段はお地蔵さんなのに、大型犬のちっちゃい子にはPandaから寄っていきます。相性が悪いのは柴犬ちゃん。噛み付いてしまったり、匂いがするだけで反応して吠えてしまいます。

Pandaとの暮らしはいかがですか?

いつも一緒。大人しいからこそ、我が家に溶け込むスピードも早かったんです。いまは隣にいるのが当たり前の存在になりましたね。
“Pandaがうちに来てくれてよかったなぁ”ってふと思うんです。それまでは、何か生活に物足りなさを感じていたんですよ。無機質というか、ただ毎日を生きてるって感じ。
そこにPandaが来てくれて、パァッと景色が一気に鮮やかになりましたね。目に映る世界に彩りが出て、なんてことない生活でもなんか楽しく感じられるようになりました。いままでにない信頼関係をPandaと築けたからかもしれません。以前飼っていたわんちゃんも大切に育ててはいましたが、思えばまだ【友達】って感覚だった気がします。Pandaはそれ以上に家族。
Pandaの寝る前の儀式、お気に入りのクッションを2時間くらいチュパチュパとおしゃぶり。その姿は本当に赤ちゃんみたいで可愛いんです。クッションはそのせいですごくボロボロ…もうかれこれ300カ所くらい縫い直してあげました。でも、この子のために繕ってあげてる時、母だなぁって我ながら思うんです(笑)。もうわんちゃんのいない生活は考えられないです。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード