愛犬家の一日《WanScene109》飯田さん&もんち(オーストラリアンラブラドゥードル)

愛犬家の一日《WanScene109》飯田さん&もんち(オーストラリアンラブラドゥードル)

WanQol編集部が街角で出会った素敵な愛犬家とわんちゃんを紹介する《WanScene》(ワンシーン)。今日は駒沢公園で、オーストラリアンラブラドゥードルのもんちと、その飼い主さんに出会いました。一緒にいろんなところに出かけるのが大好きなもんちとご家族の生活ついてお話を聞いてきました。

駒沢公園で出会った愛犬家とわんちゃん

愛犬データ No.109

もんち/犬種:オーストラリアンラブラドゥードル(2歳5ヶ月)

 

オーストラリアンラブラドゥードゥル

オーストラリアン・ラブラドゥードルのもんちとの出会い

千葉にある、ラブラドゥードゥルのブリーダー「ひめはるの里」さんにお願いして、ずっと希望に合うサイズや性格の子が来るのを1年間待ち続けていたんです。元々北欧家具の仕事を15年していて、忙しく働いていたのですが、その仕事をやめた時にちょうどタイミングよく、もんちが来ました。それも私の誕生日がある8月にです。これはもう運命だなと思いました。ラブラドゥードルは音に敏感な犬種なので、すこし音にびっくりすることはありますが、攻撃性もなく、とてもいい子ですよ。
「もんち」という名前は、大好きな姪っ子の「萌」という名前に因んで名つけたいね、というところから始まりました。台湾人の友人が、台湾語では「萌=モン」と読み、「スーパー可愛い」という意味があるらしいと教えてくれたので、「モン」から始まる可愛い名前を探して、「もんち」にたどり着きました。「萌琪」という当て字もありますよ。

愛犬と一緒に全国へでかけます

オーストラリアンラブラドゥードル

私たちは、この子をどこかに預けてお留守番させてのお出かけをしたことがありません。元々アウトドアや自転車が大好きなので、もんちも一緒に連れて行けるのが大前提で飼いました。「この子がいるからどこへも行けない」となるのは絶対に嫌だったので、私たちの生活にちゃんと馴染んでもらえるよう、1年くらい学校にも通わせて、トレーニングもしっかりしました。ホテルの部屋に置いて行くってこともしないですし、北海道から沖縄まで、本当にいろんなところに一緒に出かけていますよ。時にはエアストリーム(キャンピングトレーラー)に泊まってみたり、1週間キャンピングカーを借りて車中泊をすることもあります。
もんちはクレートトレーニングがちゃんとできているので、クレートに入ればちゃんと落ちついて、飛行機でも車でおりこうに過ごすことができます。本当にいろんなところに出かけていますが、沖縄のやんばるの森はとってもおすすめですよ。

愛犬と出会ったら自分の世界が何倍にも広がった

正直、こんなにわんちゃんと一緒に遊べると思ってなかったので、驚いています。今の生活が、すごく楽しくて仕方がないです。犬は家で可愛がる癒しの存在というイメージでしたが、毎週のように一緒に遊びに出かけています。犬友もたくさんできました。この子がうちに来てから、自分の好きな世界にいたときには出会わなかったような人たちとのたくさんの出会いがありました。この辺(駒沢公園)を歩いていても、今までは知らない人に声をかけるなんてことは、一度もなかったですが、今は犬を飼っている人と「こんにちは」と声を掛け合ってすぐに打ち解けられます。ご近所付き合いも広がりましたし、これはすごく自分にとってプラスだと思っています。感謝しかないです。

オーストラリアンラブラドゥードル

先入観で、タイプが違うなって思って付き合わなかったような人とも、犬を通して仲良くなって一緒にでかけたり、インスタグラムで友達になったりして、全国に友達ができたんです。きっかけはわんちゃんでも、例えばお料理教室をやっている人のところに集まってご飯を食べたり、グルーデコにチャレンジしてみたり、わんちゃんとは関係のない飼い主同士の趣味を共有したりすることもあるんですよ。
犬のおかげで、夫婦でとても充実したセカンドライフを送っています。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る