WanStyle ss Monotone Edition わんちゃんとオシャレしよう!

“わんちゃん×ファッション”
『日常のお散歩』にオシャレをプラスして、オーナーさんもわんちゃんも楽しめるスタイルを紹介していきます!
すぐに取り入れられる、わんちゃんとのリンクコーデです。ワンポイントをそろえるだけでグッと素敵なスタイリングに仕上がりますよ。いつもとちょっぴり気分を変えて、わんちゃんと一緒にお出掛けしてみてください♪

 

今回のテーマは、モノトーンスタイルです。
『白×黒なら持っている!』って方多いんじゃないでしょうか。あえての2色使いで普段着を格上げしてみましょう♪
テーマに合わせたオシャレのコツをプロの方々に聞いてみました!

 

【モデル】

ーファッションのポイントは?

シンプルなモノトーンスタイルでのリンクコーデ。飼い主さんはレイヤードや小物使いでシンプルながらも洗練されたスタイルに。わんちゃんは敢えてワンカラーのスーツを合わせて!

 

★スタイリストKOMAKiさん(Kili Office)

里海:ワンピース¥16,500、パンツ¥19,800、ピアス¥8,250/全てキーラ、その他全てスタイリスト私物

プリリン:スーツ(サイズL)¥3,300/マンダリンブラザーズ、リード&カラーセット(サイズM)¥6,380/ドッグデプト

 

ワンピースを1枚で完結させずに、下にパンツを重ねる大人なコーディネート。全体の露出を控えつつ、チラッと背中で見せ。一見爽やかなスポーティスタイルと見せかけて、女性らしさがこっそりアピールされています。バランスが絶妙。そして、今回のようにトップスにスリットが入っていると、脚長効果もバツグンです!

モノトーンでメリハリがついてオシャレ度もUP♪ 色の組み合わせに悩む心配もないし、こなれて見える、一石二鳥ですね!

そのうえ、袖がアシンメトリーや首元のスリットなど…見ているとユニークなデザインになっているんです。このようにシンプルな中に、ちょっとした遊び心を入れるだけで、惹きつけられるスタイルになりますね!

プーちゃんのピチッとキメたタイトスーツ姿がかっこよかったです❤︎ タイトスーツはオシャレだけじゃなく、抜け毛や皮膚トラブルのあるわんちゃんに最適だそうですよ。オシャレとしてだけではなく、機能性も高いのが嬉しいところ。わんちゃんにフィットするつくりになっているので、初めてのお洋服にもいいかもしれません。素材などを見て選んであげましょう!

リードのゼブラ柄もキュートですね!モノトーンだと、飼い主さんもわんちゃんも揃えやすいので、取り入れやすいかと思います。

 

★WanQol編集部

ーファッションに合わせたヘアメイクのポイントはありますか?

ツヤっと仕上がるようにコーラルピンクのリップにしました。今回のようなスポーティなイメージやアクティブに寄るファッションの時は、1番目につく口元で女性らしさを押しだしましょう。

また、ボーイズライクアイテムには自然なダウンスタイルがオススメです! 逆にアップスタイルなどにしてしまうと“元気っ子”のような感じになってしまうんです。少し緩やかなウェーブをつけたり、普段と違った分け目にするだけでも、動きが出て印象が変わると思いますよ!

 

★ヘアメイク川村友子さん

 

▼こちらのスタイルでもリップにポイントをもってきていました!

  • SPECIAL

WanStyle ss Rainlook Editi...

“わんちゃん×ファッション” 『日常のお散歩』にオシャレをプラスして、オーナーさんもわんちゃんも楽し...

スタイリスト / KOMAKi

スタイリスト/KOMAKi

 

モデルの里海さんにインタビュー!


ー実は高齢のプリリンちゃんですが、最近のご様子はいかがですか?


もう11歳なので、少しずつ身体に変化が出てきています。
毎日お散歩には行っているのですが、最近の彼女は疲れやすいです。本人は気付いていないみたいなので、より心が痛みますね。

この前も、いつものように大型犬に吠えて威嚇していたはずが、その興奮状態が収まりきらず身体が痙攣してしまったんです。慌てて病院に連れて行きました。自分の体力に行動が追いつかなくなってきているみたい。多分若い頃だったらなんともなかったからでしょう。気持ちはその時のままで、つい勢い余って限界を超えてしまうんです。

今、こうして白くなってしまっている目に異変が出たのも昨年です。目の水晶体が濁る『白内障』の症状も少しあったのですが、その水晶体を支える筋膜が緩んでしまったんです。水晶体が眼球より前に飛び出している『水晶体脱臼』の状態です。ペキニーズなど、元々目が飛び出している血統が入っているので、傷つきやすいそうです。

この症状を初めて見たときは、とにかく焦って色んな病院に駆け込みました。プーちゃん自身体調も悪そうで、すごく心配になりましたね。

翌日にかかった眼科専門の病院に通れて行きました。そこの獣医さんいわく

「手術を行うには全身麻酔になってしまうので様子をみましょう。もう片方の目がまだ元気だから、プリリンちゃんが慣れてくれれば…」とのこと。

違和感があり辛そうでしたが、もしものリスクなどを考えると手術はやめました。

でも、さすがうちのプーちゃん! 2日くらいで通常運転に戻ってくれました(笑)。
…とはいえ、筋力が衰えてしまっているため、水晶体を保っていられず眼球の裏側に行ってしまうことがあります。知らない方だと驚いてしまうかもしれません。ただ、視力が完全になくなってしまったわけではないようなので、プーちゃんなりにうまく付き合ってくれるのを願うばかりです。

つい先週も中耳炎になってしまい、お薬をもらいました。高齢になるにつれて病院にかかる機会が増えましたね。

これまでもプーちゃんが言葉が話せない分、ちょっとの異変にでも気付いてあげられるように注意して見てきました。
今後もプーちゃんの体調や体力に気を使いながら、一緒に楽しく暮らしていきたいです。

 

→【獣医師監修】犬の目が白いのは白内障? 症状や対処法、予防のコツ

→【獣医師監修】老犬がストレスを感じるのはどんなとき?解消法は?

みなさんも、わんちゃんの変化は見逃さないようにしましょう!
そして、一緒に楽しむのが大切。是非、オシャレをして出掛けてみて下さいね。


★撮影カメラマン:大畑陽子さん

▼ショップリスト

 キーラ

 マンダリンブラザーズ

 ドッグデプト

著者プロフィール

スタイリスト / KOMAKi

スタイリスト / KOMAKi

スタイリストKOMAKi(こまき)  数々のファッションブランドPR&企画を経て...

詳しく見る