“トラのスヌード”で愛犬を新年の主役に♡干支のかぶりものでお散歩しちゃおう!

“トラのスヌード”で愛犬を新年の主役に♡干支のかぶりものでお散歩しちゃおう!

来年の干支のトラをモチーフにした、首元から顔周りを温めるスヌードを作りました。寒いお正月をわんこと一緒に楽しむのに大活躍しそうです♪

簡単な作り方を3ステップでご紹介します。前回のくま耳スヌード 同様にヘアバンドのようになっているので、毛足の長いわんちゃんのごはん時の汚れ防止としてもおすすめです!

【材料・道具】寅年のお正月に活躍!愛犬用のトラスヌード

寅年のお正月に活躍!愛犬用のトラスヌード 材料

<材料> 

・黄色のニットまたはフリース生地:50cm×60cm以上
→伸びる生地が作りやすいです。

・フェルト(黒または茶系)

・綿

・糸

・目玉シール(またはボタン)

・フェルトボール

・ソフトゴム

 

<道具> 

・布切りはさみ

・縫い針

・メジャー

・ゴム通し

【STEP1/3】生地カット〜愛犬用のトラスヌードの作り方〜

犬の頭のサイズを測る

わんちゃんの頭のサイズを測っていきます。

①顔周りのサイズ(頭のてっぺんから顎の下を通ってぐるりと一周)
②顔の縦幅(頭のてっぺんから背中の付け根まで)


2ヶ所を測ります。

黄色の生地をカットする

黄色の生地をカットします。

横:①顔周りのサイズ+7cm(ゆったりした作り方にしたいので余裕をとっています)
縦:②顔の縦幅×2+2cm

【STEP2/3】土台のスヌードを作る〜愛犬用のトラスヌードの作り方〜

カットした黄色い布を半分に折る

半分になるように、点線の部分を中表で折りたたみます。

縫い代1cmで縫い合わせる

合わさった2枚の生地の長辺を、縫い代1cmで縫い合わせます。

表に返す

表に返します。この時、縫い合わせた部分を下向きにしてください。

上側にゴム通しを作る

上側にゴム通しを作ります。使いたいゴムの幅+5mmで縫っていきます。

ゴム通しにゴムを入れる

わんちゃんの顔周りのサイズにカットしたゴムを、先ほど作ったゴム通しに入れていきます。

入り口と出口を揃えるようにして点線で2つ折りする端をゴムと一緒に縫います。

ゴムを通したら、入り口と出口を揃えるようにして点線で2つ折りにし、端をゴムと一緒に縫います。

端が縫えたら裏返す 土台のスヌード完成

端が縫えたら裏返しにします。

これで土台のスヌードが仕上がりました!

【STEP3/3】トラの顔をつける〜愛犬用のトラスヌードの作り方〜

トラの耳を作る 

まずは、トラの耳用にボールを2つ作ります。黄色の布を直径12cmの円に2枚切り取ります。

丸くカットした黄色い布を内側に織り込んで縫う

表側を下にして、5mm程度内側に織り込みながら縫っていきます。

適量の綿を詰め、ギュッと絞って玉留めする適量の綿を詰め、ギュッと絞って玉留め トラの耳完成

中に適量の綿を詰め、ギュッと絞って玉留めします。

フェルトをトラの頭の模様に切り取る

黒(or茶色)のフェルトを、トラの頭の模様に切り取ります。カタカナの『キ』のようなイメージで作りました。

スヌードの土台に顔のパーツを並べる 貼り付ける トラ耳スヌード完成

スヌードの土台に顔のパーツを並べていきます。ゴムが入っている方を顔側にして、全てのパーツをバランスを見ながら縫い付け(またはボンドで付け)たら完成です!

耳は、絞った部分を下にしてざくざくと縫い合わせましょう。

愛犬用のトラスヌードの作り方 完成 干支帽子トラスヌード 寅年 なりきり帽子

愛犬につけてみるとこのような感じになります。見た目だけでなく、機能性も充分あるので、寒い冬にぴったりのスヌードです。

お正月、2022年に向けて盛り上がるアイテムを是非作ってみてください♪

この記事に関連するキーワード

【防寒】“くま耳つき愛犬用スヌード”を100円で手作り⁈あったか素材の耳カバーで冬のお散歩も快適♡