• LIFE

Dog & DIY 「インテリアドッグトイレ」を作ろう!【前編】~下準備~

Dog & DIY 「インテリアドッグトイレ」を作ろう!【前編】~下準備~

わんちゃんのためのDIYは「必要であるからつくる」プラス「わんちゃんと共に楽しんでつくる」ことです。
わんちゃんとの新たな楽しみの瞬間を大切にしてください。

「インテリアドッグトイレ」を作ろう

今回のDog&DIYに挑戦してくれるのは、千葉市内でドッグスクール「T-MoNe」を主催する北林美紀さん。美紀さんの愛犬のネオくん(ボーダーコリー、5歳)は、愛くるしいルックスと人懐こい性格で誰からも愛される人気者。ネオくんに会うのが楽しみでスクールに通ってくる飼い主さんもいるんだとか。まさに、甘え上手の人たらし犬です!

でも、美紀さんには、そんなネオくんについて1つお悩みが…
それは、室内で使っているトイレのこと!

ネオくんは、幼いころから室内に設置したトイレシートの上で排泄できるようにトレーニングしてあるのですが、大型犬のオスゆえにおしっこが飛び散りやすく、掃除が大変なのだとか。

最近はオスでもメスのように座っておしっこができるようにトレーニングする飼い主さんも多いですが、
「立ったままおしっこをするのが、本来のオス犬の習性。人間の都合で無理に止めさせるのも
可哀想だなと思って、うちではわざとトレーニングしていないんですよ」
と美紀さん。

 

そこでおしっこ問題のほかにも、

・トイレシートがむき出しで見栄えが悪い

・周囲のインテリアに調和しない

・トイレの上の空間がもったいない

というトイレの悩みを同時に可決すべく、美紀さん自らDIYに挑戦!

 

 

おしっこの飛び散りが気にならず、しかもインテリアに調和する「ドッグ インテリアトイレ」を作ります。

トイレを作るなんて難しそう…と思ってしまいますが、今回はノコギリ要らずで作り方を紹介するので、DIY初心者にもおすすめです。

 

3つのパートにオイルを塗っていく前編と組み立ての後編でお届けします。

使用する材料・使用する道具​

材料と道具一式。底板の合板はホームセンターのカットサービスで切ってもらったそうです。 カットしてもらえば、ノコギリ要らずで仕上がります。

材料と道具一式。底板の合板はホームセンターのカットサービスで切ってもらったそうです。 カットしてもらえば、ノコギリ要らずで仕上がります。

使用する材料

・ルーバーフェンス(1500mm×600mm) :1枚
・すのこ(880mm×550mm×45mm):2枚
・合板 (900mm×900mm):1枚
・棚板 (600mm×300mm):1枚
・ワトコオイル(ダークウォルナット):1缶
・ビス (51mm):1パック
・透明テーブルクロス (120×200cm 厚さ0.4mm):1枚
・ブラケット(アンティーク調): 2個
・トイレットペーパーホルダー(アンティーク調):2個

使用する道具

・ビニール手袋
・刷毛
・ペイントトレイ
・養生シート
・インパクト・ドライバー(+ビット)
・紙やすり(中目#240)
・作業グローブ
・コンベックス(メジャー)
・タッカー

「インテリアドッグトイレ」の作り方 【下準備編】

まずは、スノコ・ルーバーフェンス・棚板の3つにオイルを塗っていきます。


STEP1 スノコにオイルを塗る

作業を見守るネオくん。「何ができるのかな~?」
作業を見守るネオくん。「何ができるのかな~?」

塗り終わったら、オイルが木材に染み込んで表面が乾くまでしばらく放置。ある程度乾いたら、ウエス(布)で余分なオイルを拭き取っていきます。

スノコの裏側もしっかりオイルを塗って、拭き取ります。
スノコの裏側もしっかりオイルを塗って、拭き取ります。

ワトコオイルを塗ったおかげで、自然な光沢が加わり、高級感がUP!スノコだとは思えない趣ある風合いに仕上がりました。

ドッグトイレの壁となる部分には、スノコを使用します。本来スノコは、風呂場の滑り止めや押入れのカビ予防に使われるものですが、通気性が良いのでトイレの壁にもぴったりなんです。
木の色を補って艶を出すための「ワトコオイル」を塗っていきます。塗り残しがないように、ササッと塗りましょう。

ママポイント

「ワトコオイルはペンキと違って塗りムラもできにくく、初心者でもきれいに塗れるので便利なんです」


▼“ワトコオイル”は過去のDIYでも登場してます。

Dog & DIY 「オリジナルドライブシート」を作ろう!
  • LIFE

Dog & DIY 「オリジナルドライブシート」を作...

わんちゃんのためのDIYは「必要であるからつくる」プラス「わんちゃんと共に楽しんでつくる」ことです。...

わんクォール編集部

わんクォール編集部


STEP2 ルーバーフェンスにオイルを塗る

続いて、トイレ背面の壁に使うルーバーフェンス(以下、ルーバー)にもワトコオイルを塗っていきます。本来、ルーバーは見られたくない場所の目隠しや日よけ・風よけに使われるもの。しかし、スノコ同様こちらも通気性に優れているため、トイレの材料としても最適なんだそうです。
この構造の壁を自作するとなるとかなり大変ですが、ルーバーならホームセンターなどで完成品が販売されているので、うまく活用していきましょう!

まるで現場監督のように作業を見守るネオくん。
まるで現場監督のように作業を見守るネオくん。

塗り残しがないようにしっかり塗って乾かし、ウエスで拭き取ればOKです。

STEP3 棚板にオイルを塗る

今回作るドッグトイレには「トイレの上の空間がもったいない!トイレの見栄えもよくしたい!」という美紀さんの悩みを解決すべく、棚を設置することに。
棚があればトイレシートやペーパー、消臭スプレーなどを収納できるので、トイレ上の空間を有効活用できますよね!

棚板にもワトコオイルを。しっかり塗って乾かし、ウエスで拭き取ります。 

棚板は購入時に、ルーバーの幅に合わせてカットしてもらおう
棚板は購入時に、ルーバーの幅に合わせてカットしてもらおう

ママポイント

「棚板はルーバーにビスで取り付けるので、棚板の厚さは使用するビスの太さを考慮して選ぶのがポイント。ビスの太さに対して棚板が薄すぎると、ひび割れやすくなってしまうので要注意です。」

余分なオイルを拭き取る 
余分なオイルを拭き取る 
拭き取ったら、そのまま少し乾かす
拭き取ったら、そのまま少し乾かす

以上の3STEPだけで、下準備は完了です!
市販のスノコやルーバーフェンスを使うと作業を大幅に減らせて、愛犬に合わせたこだわりをキープしながら、満足度の高い見た目を実現できるんです。DIYをやったことがない方でも挑戦しやすいかと思います!

塗装作業が終わったら、いよいよ組み立てです。是非、後編も見てみてください!

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る

この記事に関連するキーワード